歩きお遍路、四国から恵み、健康、笑顔、おもいやり

慈尊院

慈尊院(女人高野・結縁寺)

秋の慈尊院

平成16年7月世界遺産に登録された慈尊院は、弘仁7年(816年)弘法大師(空海)が、高野山開創に際し、高野山参詣の要所にあたるこの地に表玄関として伽藍を草創し、一の庶務を司る政所、高野山への宿所、冬期の避寒修行の場所とされていた。(当時の慈尊院は、今の場所より北側にあり、方6丁の広さがあったと伝えられているが、天文9年(1540年)紀の川の大洪水にて流失した。しかし、弥勒堂だけは天文6年(1474年)に今の場所に移してあったので、流失をまぬがれた。

「我が子が開いている山を一目見たい」弘法大師の母が香川県の善通寺より訪ねてきた。しかし、当時の高野山は女人禁制であり、弘法大師の元には行くことができず、この慈尊院で暮らしていた。

慈尊院の正門 地蔵
慈尊院の正門 地蔵

弥勒堂

国の重要文化財に指定されている。

桧皮葺の低い建物で、中は方三間。平安時代末期の輪郭を残している。

空海の母が亡くなった後、弘法大師は母が篤く崇拝していた弥勒菩薩座像と御母公像を安置するため、弥勒堂を建てられた。今も弘法大師の母の御利益をいただきたいと、多くの女性が訪れる。
弥勒堂

土塀

県指定文化財

築地塀をいう。境内の周囲3方約250mにわたる。
土塀

下乗石

町の指定文化財

表門の外、左側に建っている。平安時代の法務権僧正定海により建立された。それぞれの門に下乗札がかかっており、皇族・貴族はここで籠を降りた。今は半分ほど土に埋まっているため、当時はもう少し高かったと考えられる。
下乗石

五輪石塔二基

町の指定文化財

表門をくぐったすぐ左側にある。承安元年(1171年)12月、慶幸俊厳の放火によりたくさんの経巻、道具類が焼失。その悲しみのうちに建てられる。
2基の五輪塔

多宝塔

県の指定文化財です。平成24年7月に完成した。

本尊は大日如来が置かれているため、大日塔とも呼ばれている。弘法大師の創立。現在の塔は寛永年間(1624~1643)に再建された。
多宝塔

「九度山」の名の由来

弘法大師は月に九度(9回)、高野山から母に会いに来た。そうしたことから、この地は九度山と名付けられたという説がある。

慈尊院」の名の由来

慈尊院の本尊である弥勒菩薩は、別名「慈尊」といい、そこから慈尊院と呼ばれるようになる。ポックリさん長生きしても迷惑をかけずに極楽往生ビンズリさん痛む箇所を手でさするとよくなる。ビンズリさんはお釈迦様の弟子で実在した人物四国堂弘法大師がご本尊で、四国八十八ヶ所のご本尊が脇に祀られる弁財天知恵、学業成就稲荷明神財宝の成就みろく石片手で撫でて、ご本尊と縁結びするカルテンさん子育ての成就
ビンズリさん 四国堂 稲荷明神 みろく石 カルテンさん
歩きお遍路の仕上げに南海電鉄九度山駅で降りて丁石道を目指して歩き始めたら慈尊院の佇まいがみえた。
世界遺産だとしても迂闊にも通り過ぎるところだった。

高野山町石道との関係

九度山町から高野山へと続く約21キロの道程で、今も一町(109m)ごとに卒塔婆石が残り、歴代天皇や法皇、関白や将軍をはじめ一般庶民が、現在に至る千余年の間、ふみかためてきた信仰の表参道。

その入り口となる180町石がこの慈尊院にある。
180町石
戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional