歩きお遍路、四国から恵み、健康、笑顔、おもいやり

四国の歴史

移動=第2回を2015年に歩いた記録を整理中、徐々にページにしていく

四国の歴史

四国地方を構成する4県の中で、徳島県・香川県・愛媛県は島内交流と合わせて、本州四国連絡橋(本四架橋)もあり本州との交流も盛んである。

東部の徳島県は政治・経済・文化において近畿地方の影響を受けており、北東部の香川県は文化・経済の両面で岡山県や兵庫県とのつながりが深く、西部の愛媛県は広島県や九州の大分県との交流が見られる。

一方で高知県は古くは京都、江戸時代以降は東京からの影響が強く、政治・文化的な中央への意識が高い。

弘法大師が拓いた四国巡礼・八十八箇所はお遍路さんで有名。

戦国大名で変わった名前の大名 なんだったけかなそうそう調べたら長宗我部元親
その戦国時代を収めたのが山内一豊、国宝高知城の城主だった。
不安定な四国を収めるために、山内一豊は四国の豪族をだまして殺している。

そのやり方は相撲大会を開いて、集まった侍たちを一網打尽に殺しちゃった。

時効だけれども、それってないよね

韓国慰安婦事件の時効はあるのだろうか、
戦後生まれが大半の日本人、俺カンけーねーよと思いたい

そこで、時効はどうなってるのかと思う。
さらにそこで、つこんで聞いてみた、教養のありそうな人が答えた。
被害にあったご本人が生存している間は時効は無いと。

今の日本の女性は簡単に裸になって世間にさらしている。
豊かな時代の今、金のために体を売るってよく分からない、
本来、女性ってどうなってるの

拉致も慰安婦事件も共にあってはいけない
戦争で日本は犯罪国家と世界から烙印を押された。

戦後の日本は北朝鮮によって拉致被害者国家になった、人間は常に紙一重か
そこで、歩きお遍路はどのように関係してくると思う

空海の世界を知ることとなる、
それはどういうこと、

歩きお遍路してみませんか
何か分かるかもしれない

四国1400km歩くと体重がたくさん減る、健康にもいい四国でお金を落とせる、四国を応援できるよ。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional